ESXi 6.0無印⇒6.0update3へのアップデート

自宅サーバ用の仮想化基盤のESXi6.0をupdate3へアップデートしました。
6.5に一気に上げたいところですが、6.5だとESXi上のゲストOSでなぜかUSBカードリーダを認識せず録画サーバが使えないため6.0のまま当分運用予定。

今回はzip形式のアップデートファイルを使用してコマンドラインでアップデートします。
まず、ゲストOSをすべてシャットダウンし、仮想マシンをメンテナンスモードに移行させます。
vmware社のサイトからesxi6.0u3 offlineバンドルをダウンロード

ダウンロードしたアップデートファイルをscpなどを用いてesxi上にアップロード
USBメモリ上にインストールなどしている場合、容量に余裕のあるデータストア上などに配置

esxiの現在のバージョン確認

アップデートファイルのprofile名を確認

 

profile名を指定してアップデート

アップデート完了後再起動し、esxiのバージョン確認

webブラウザから管理画面にアクセスできるようになりました!

しかし、chromeからアクセスすると時々こういったメッセージが表示され再読込をしてもまた表示され管理画面操作ができなくなります。

FireFoxだと問題なくログインできました。

ESXi 6.0無印⇒6.0update3へのアップデート」への2件のフィードバック

  1. ゲン

    参考にさせて頂き、アップデートできました!
    ありがとうございます!

    profile名を指定してアップデート
    の箇所で「 –depot=」の後に不要な文字があるようです。

    下記が正しそうですね。
    [root@localhost:~] esxcli software profile update –depot=/vmfs/volumes/アップデートファイルを保存しているデータストア名/update-from-esxi6.0-6.0_update03.zip –profile=ESXi-6.0.0-20170202001-standard

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です